お葬式の料理は故人との最後を彩る

お葬式の料理は故人との最後を彩る お葬式は突然やって来る親しい人との別れです。最後の別れとなる場で料理を頂くということは、故人との最後の食事をするという事でもあります。お葬式に食事を出す場面は大きく2回あるようです。一つは通夜に集まった近所の手伝いの方や、急を知らされて来られた方などに出す通夜ぶるまい、もう一つは会葬後に親族、知人などが集まって食事する時に出すもので今どきは精進落としなどと言われることが多いようです。

お葬式も通夜から始まって2日から3日かかることもあり、遠方より急いで駆け付けて来られる方も多いです。そういった場ではやはりちゃんとしたものを差し上げたい思うことが、お葬式を出す側の気持ちでもあります。
お葬式は急な事ゆえに材料の調達、料理を手伝ってくれる人の確保、どのくらいの人数が来られるかを把握することも難しいです。

以前は訃報を聞くと一番に、来られる方にお出しする料理をどうするかを考えていました。近所の方や親戚関係の方が割烹着などを持って集まり、手分けをして料理の手伝いをしていたという経験がある人もいるでしょう。今の時代は女性の方も仕事を持ち社会に参加されてる方も多いため、手伝いを頼める方も少なくなりました。

近頃の気候異常による気温の急な変化、よく聞くようになった食中毒などの発生などのせいか各家庭でお葬式の料理を作ることが少なくなってきました。年配の方が若い世代の前でお葬式の料理を作っている姿を見せることもなくなり、いざというときにどうすればいいかという方法も伝えがないため、今ではほとんどの家庭では、専門のお店や葬儀屋の手配でお願いすることが多いです。

お葬式に出される料理は、なぜか美味しそうに見えないと思われる方も少なくありません。葬儀という場であり、お祝い事のように決して楽しく明るい場所ではないために、そう思う気持ちを持つ人もいるでしょう。お葬式といえども生活の一場面であり決して珍しい事でもありません。それゆえ地味で暗すぎず、かといって派手にない場所に合った料理を作ってお出ししたいものです。

お葬式の料理は、故人との最後の食事であり来られる方々をねぎらうためのものです。出来れば皆が好むような疲労がとれるようなものがいいです。いろいろなことを考えると難しく思いがちです。そういうときは今頃のお葬式のための料理をよくご存じの専門の方にお任せすることも良いです。その場合でもやはり自分が選んで気持ちのこもったものを差し上げたいです。

最新ニュース